銀歯をみえなくしたい

歯の色を白くするための治療方法

ホワイトニング

銀歯をみえなくするための治療には主に、以下の2つの方法があります。

詰め物
キャスタブルセラミックインレー、ハイブリットセラミックインレー

かぶせ物
キャスタブルセラミッククラウン、ハイブリットセラミッククラウン

患者様の歯の状態、ご希望によって適した治療をご提案します。

各治療の特徴
詰め物をするかぶせ物をする

詰め物(インレー)

詰め物(インレー)虫歯の治療で歯を削った部分や、または保険治療で入れた銀歯をきれいに取り外した部分にセラミックで作った詰め物をうめていきます。
天然の歯と見違えるような自然で美しい状態に仕上げることが出来ます。

適している方

銀歯を見えなくしたい歯の欠損・削る部分が少ない場合、
詰め物(インレー)が適しています。

・前歯を白くきれいにしたので、奥歯の銀歯を白くしたい
・笑った時や口を開けた時に銀歯が見えて気になる
・詰め物がはずれたので、この際白くしたい
・詰めてある銀歯が気になる方
・金属アレルギーがある方
・虫歯の治療をする時に銀歯を入れたくない方

詰め物(インレー)の特徴

インレーとは、小さい虫歯の場合に虫歯の部分を削り取り、その部分に詰める人工の詰め物を指します。
銀歯の詰め物もインレーの1つです。この銀歯の詰め物(インレー)を
セラミックでできた、白い材料のインレーに交換することで、健康的で自然な美しさが蘇ります。

金属による詰め物は、丈夫さではありますが、見た目も悪く、金属アレル ギーの問題も指摘されています。
「キャスタブルセラミック」「ハイブリッドセラミック」といったセラミックによる詰め物(インレー)なら
金属アレルギーの方も安心して治療していただけます。

「キャスタブルセラミックインレー」と「ハイブリットセラミックインレー」の違い

セラミックの純度の違いにより、強度や透明度、吸水性、価格も異なります。
どちらも、金属アレルギーの方も安心してご使用いただけます。

【キャスタブルセラミックインレー

「キャスタブルセラミックインレー」はセラミックの材質を100%使用します。
強度や透明度が高く、年数がたっても自然で美しいままの歯を保つことができます。
またセラミックにプラーク(歯の汚れ)が付きにくいため、虫歯になるリスクも軽減されます。
ハイブリットセラミックより高価になりますが、自然にきれいに仕上げたい方にはオススメです。

【ハイブリッドセラミックインレー

「ハイブリッドセラミックインレー」は、70%のセラミックの材質とそれをつなぐ30%のプラスチック(レジン)の材質でできています。保険治療のレジン素材(合成樹脂)とセラミックの中間的なものです。
キャスタブルセラミックに比べ、吸水性があるため、年数がたつと材質の表面に少し着色、
変色する事がありますが、安価で天然の歯のように白くうつくしく仕上げることができます。
また、プラスチックが含まれているため、弾力性に優れていて噛み合わせに馴染むという利点もあります。

当院の詰め物(インレー)治療

『白い歯』というと、やはり一番目にとまる前歯を白くするイメージが強いですが、
実は、前歯だけではなく、意外に奥歯の金属が目立って気になることもあります。
黒はくすみ、老けなどのイメージがあり、そして銀歯はお口の中で黒く映えてしまいます。
お顔のくすみを取り除くように、銀歯を白くすることでアンチエイジング効果も期待できます。

治療内容l

1週間

来院回数は2回で終わります。治療中、または治療後すぐからお食事は可能です。

費用

歯の大きさや詰め物の大きさによって金額が異なります。

キャスタブルセラミック
インレー
66,000円〜88,000円(1本)

 ※メンテナンスと保証について

当院のセラミックインレー治療は保証期間を設けております。詳しくはスタッフまでお問い合わせ下さい。
治療後は、半年に一度ほど、定期検診をお受けすることをおすすめしています。
歯茎・歯磨き・かみ合わせの状態をチェックし改善することで治療した歯の状態を
長持ちさせることができます。

かぶせ物(クラウン)

かぶせ物(クラウン)虫歯の治療で歯を削った部分や、または保険治療で入れた銀歯をきれいに取り外した部分にセラミックで作ったかぶせ物を接着させます。 
天然の歯と見違えるような自然でうつくしく仕上げることが出来ます。

銀歯を見えなくしたい歯の欠損・削る部分が多い場合、
かぶせ物(クラウン)が適しています。

・前歯を白くきれいにしたので、奥歯の銀歯を白くしたい
・笑った時や口を開けた時に銀歯が見えて気になる
・詰め物がはずれたので、この際白くしたい
・かぶせてある銀歯が気になる方
・金属アレルギーがある方
・虫歯の治療をする時に銀歯を入れたくない方

かぶせ物(クラウン)の特徴

クラウンとは、治療のために削った歯を全面的に覆うかぶせ物のことです。
歯冠部が虫歯で大きく欠けている場合、その頭の部分を金属の冠ですっぽり覆い修復します。
銀歯のかぶせ物もクラウンの1つです。この銀歯のかぶせ物(クラウン)をセラミックでできた、白い材料のクラウンに交換することで、健康的で自然な美しさが蘇ります。

金属によるかぶせ物は、丈夫ではありますが、見た目も悪く、金属アレル ギーの問題も指摘されています。
「キャスタブルセラミッククラウン」なら、金属を使っていないので、金属アレルギーの方も安心して治療していただけます。

「キャスタブルセラミッククラウン」と「ハイブリットセラミッククラウン」の違い

セラミックの純度の違いにより、強度や透明度、吸水性、価格も異なります。

【キャスタブルセラミッククラウン

かぶせ物(クラウン)金属を使っていないのでなので、金属アレルギーの方にオススメです
「キャスタブルセラミッククラウン」はセラミックの材質を100%使用します。
強度や透明度が高く、年数がたっても自然で美しいままの歯を保つことができます。
またセラミックにプラーク(歯の汚れ)が付きにくいため、虫歯になるリスクも軽減されます。
ハイブリットセラミックより高価になりますが、自然にきれいに仕上げたい方にはオススメです。

【ハイブリッドセラミッククラウン

かぶせ物(クラウン)外側は白く、内側に金属を使用してます。
「ハイブリッドセラミッククラウン」は70%のセラミックの材質とそれをつなぐ30%のプラスチックの材質でできています。保険治療のレジン素材(合成樹脂)とセラミックの中間的なものです。
キャスタブルセラミックに比べ、吸水性があるため、年数がたつと材質の表面に少し着色、変色する事がありますが、安価で天然の歯のように白くうつくしく仕上げることができます。
また、プラスチックが含まれているため、弾力性に優れていて、噛み合わせに馴染むという利点もあります。

当院のかぶせ物(クラウン)治療

かぶせ物(クラウン)の治療は、その治療技術によって、噛み心地や、耐久性、 見た目の美しさも大きく差が生じます。
当院では、あなたの歯型から精巧な模型をつくり、 院長自らが調整を行った上で、高い技術を持った専門の技工士がクラウンを作成しますので、快適な噛み心地を叶えることができます。

材質の高価さから、決して安価な治療ではありません。材質によって価格も異なります。
患者様の状態やご希望に合わせて、治療内容を提案し、大切な口元を最良の状態にするお手伝いをします。

治療期間

1週間

治療内容によっては2週間〜1ヶ月になる事があります。
治療期間中は治療直後から仮歯を装着しますので、日常の生活は治療前と変わらず過ごしていただけます。

費用

キャスタブルセラミック
クラウン
99,000円(1本)
ジルコニアクラウン 99,000円(1本)
ハイブリッド
セラミッククラウン
88,000円(1本)
ファイバーコアー(土台) 前歯5,500円(1本)
奥歯11,000円(1本)

 ※メンテナンスと保証について

当院のセラミック治療は保証期間を設けております。詳しくはスタッフまでお問い合わせ下さい。
治療後は、半年に一度ほど、定期検診をお受けすることをオススメしています。
歯茎・歯磨き・かみ合わせの状態をチェックし改善することで治療した歯の状態を長持ちさせることができます。

筑紫口歯科クリニック 092-413-0118
ページの先頭へ