治療理念(診療ポリシー)

私たちは以下の3つこと心がけ、
よりご満足いただける治療を目指します。

医療の根底を大切に

当院では、治療を通じて「患者さんの笑顔」を見ることが最終の目的にしています。

・歯が痛くて眠れない患者さんの痛みを除いて仕事に集中していただくこと。
・コンプレックスから笑顔が作れず人間関係にも積極的でなかった方が、
 自信を取り戻し幸せになっていただくこと。
・口元をきれいにすることで、オーディションに受かり夢を叶えていただくこと。
・インプラント治療によってなんでも食べられるようになり、
 諦めていた友達との会食が楽しみになっていただくこと。
・老人ホームに来訪し、口腔ケアーを通して話し相手になり、それを楽しみにしていただくこと。

一般の保険治療、審美歯科、インプラントを行なって20年余、訪問診療を行なって10年余、
当院の治療内容は多岐にわたりますが、すべてが「患者さんの笑顔」に通じています。

医療の根底を大切にし、技術・治療・ご対応の質を向上することにより、
より多くの「笑顔」を見ることができるように努めてまいります。

患者さんの立場に立った対応

「医は仁術」と言われます。「仁」とは思いやりを持って相手の立場にたって考えることです。

当院では、この理念の元、当院のスタッフの一人ひとりが、患者さんの立場に立って
ご対応できるよう日々努力を行っています。

「もし自分だったら、もし自分の家族だったら」と考えて治療方針を提示させていただき、
当然「インフォームドコンセント」のもと治療法を決定していただきます。

医食同源

「よく噛む」ことは大切なことです。
消化吸収がよくなる、がんの予防になる、肥満を予防する、脳の血流量が20%アップし
認知症の予防になるなど、体にとって多くの恩恵をもたらします。
私達歯科医は、咀嚼機能の回復に最大の努力を払って来たと言っても過言ではありません。

当院では、さらに原点に立ち返り、以下のように考えています。
「もともと体によくないものを食べた場合、よく噛んだとしても、健康になれないのではないか?」
事実、体に良いと信じて口に入れているものが、返って体に良くない結果をもたらしていることが
沢山あります。

この考えのもと「医食同源」すなわち「食と健康」の研究をすすめるうちに、
いくつかの食の原則が整理されるようになってきました。

これからは、私たち歯科医師や歯科治療に携わるものは、
歯の治療のみではなく、食や口元に関わることを総合的にアドバイスできる
「健康アドバイザー」としての役割も果たしていくべきであると考えています。

筑紫口歯科クリニック 092-413-0118
ページの先頭へ